最新の老眼 治療について

老眼治療CKのラジオ波と回復期間について

老眼治療CKには、ラジオ波というのがあります。
老眼治療CKでは、ラジオ波を角膜の一部にあてて、角膜コラーゲン組織の一部を収縮させることによって、近くを見えやすくします。
ラジオ波というのは、AMラジオと同じ周波数の電磁波のことで、ラジオ波をあてた場所は、分子同士が擦れることによって摩擦熱が生じて、この摩擦熱を利用して、癌、心臓血管、美容外科など、いろいろな分野で治療が行われている安全性の高い高周波エネルギーになります。
また、老眼治療CK後、仕事などをしたいときの復帰する日についてですが、職種によって異なりますが、眼を酷使しないような仕事であれば翌日から復帰可能になってきますが、眼を酷使するようなデスクワークや車の運転などの仕事は、通常1週間後から復帰可能と言われているようです。