最新の老眼 治療について

老眼治療の遠近両用眼内レンズについて

老眼治療、回復させる方法として、老眼治療CKと同じく注目を集め、日本でも年々、症例数が増加しているのが、遠近両用眼内レンズになります。
そもそも遠近両用眼内レンズは、白内障を治療する際に行われていたもので、従来の遠近両用眼内レンズでは、遠く、中間、近く、いずれにしかピントを合わせることができなかったのですが、近年、近くだけでなく、遠く、または中間も同時によく見えるようになった遠近両用眼内レンズが開発され、治療が行われるようになりました。
使用される遠近両用眼内レンズは、クリニックによって異なりますが、2種類のレンズが日本の厚生労働省と、アメリカのFDAの認可を取得しておりますので安全性が高いといえます。